袴はどのようにして女性に広まったのでしょうか?

現代では卒業式で女性がよく着ている袴は、西欧文明の導入と共に椅子に座る文化が栄え出した明治時代に女性にも広まりました。

始めの頃は股のある男性用しかありませんでしたが、当時のキャリアウーマン達は足さばきが楽で動きやすい袴を好んで履いていました。

明治時代に建設された煉瓦造りの建物が素晴らしく、世界遺産にも登録されて話題になった絹の製糸工場でも、昔働いていた工女はみんな袴をはいていたそうです。

しかし現代と違い明治時代の男性は、女性は女らしく化粧をして、美しい着物を着るべきだと言う考えの人が多くマスコミの攻撃の的だったようです。

その後学校は椅子と机を使用していて椅子に座る時女生徒や先生が着物の裾が気になる事から、女学校開設に伴い太政官布告で認められ、女学生が履くようになりました。

その頃に男性用とは違い股の無いスカート状になった物で、女性がトイレなどに行きやすくなっている女性用が作られました。

色は海老茶で紫がかった暗い赤色で「海老茶式部」

とも呼ばれていました。

なぜ現代の卒業式で、振袖に袴が主流になったのでしょう?

明治時代に女学生が履いていた袴ですが、その頃からずっと続いていると言うわけではないようです。

宝塚にあるあの有名な歌劇団の養成学校の卒業式で履いているのが始まりだと言う事ですが、大正時代の女学生を描いた少女マンガのブームも大きく影響しているそうです。

袴と一緒に着られている着物の中でもよく見られる「矢絣」

の模様は、矢のようにまっすぐ一直線に進むという意味もあるらしく、卒業式にもふさわしい模様とされています。

振袖と言っても袖の短い小振袖と言う物で、普通の振袖の袖の長さとは異なり2分の1の長さの物を着るのが一般的ですが、もちろん普通の袖の物を着るのも素敵です。

その振袖の上から袴を履き、草履を履く人もいますが、編み上げのブーツを履く人もいます。

あの少女マンガの主人公もブーツを履いていました。

そして髪型はハーフアップにされていて大きなリボンを付けています。

決して地味にはならない、かわいらしい出で立ちは女子にとって1度はしてみたいスタイルです。